【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード NBAドラフト参加を表明

2週間前、カンザス大のジョエル・エンビードはNBAドラフト参加の噂を否定していた。

だが、ついに今年のNBAドラフトに参加する意思を表明するようだ。

情報筋によると、日本時間10日に記者会見を開き、その席でNBAドラフトへの参加を表明するという。

もしエンビードが健康な状態なら、1位指名を受けてもおかしくない。

カンザス大のセンターとして平均11.2得点、FG成功率63%、8.1リバウンド、2.6ブロックを記録しているエンビードは、技術と身体能力に優れた選手。

ちょうど20歳になった約213cm、113kgのエンビードだが、すぐにでもNBAで戦えるだけのサイズを持っている。

だが、背中の負傷で最後6試合を欠場しており、これがドラフトの指名順に影響するかもしれない。

ナーレンズ・ノエルのようにならないのを祈るばかりだ。

記者会見に出席するエンビードだが、記者からはNBAドラフトへの参加に関する質問より、背中の状態を確認する質問が相次ぐことになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA