【スポンサーリンク】

2014NBAドラフトの指名順が決定

2014NBAドラフト

2014年のNBAドラフト指名順が決定した。

1位指名権はクリーヴランド・キャバリアーズが獲得。

キャブスは2年連続で1位指名権を獲得することとなった。

以下、指名順を記載する。

1巡目チーム2巡目チーム
1キャブス31バックス
2バックス32シクサーズ
3シクサーズ33キャブス
4マジック34マブス
5ジャズ35ジャズ
6セルティックス36バックス
7レイカーズ37ラプターズ
8キングス38ピストンズ
9ボブキャッツ39シクサーズ
10シクサーズ40ウルブズ
11ナゲッツ41ナゲッツ
12マジック42ロケッツ
13ウルブズ43ホークス
14サンズ44ウルブズ
15ホークス45ボブキャッツ
16ブルズ46ウィザーズ
17セルティックス47シクサーズ
18サンズ48バックス
19ブルズ49ブルズ
20ラプターズ50サンズ
21サンダー51マブス
22グリズリーズ52シクサーズ
23ジャズ53ウルブズ
24ボブキャッツ54シクサーズ
25ロケッツ55ヒート
26ヒート56ナゲッツ
27ペイサーズ57ペイサーズ
28クリッパーズ58スパーズ
29サンダー59ラプターズ
30スパーズ60スパーズ

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    また,キャブズが一位指名権を?ちょっとツキが神懸っているとしか思えません.

    そして,思ったよりもサンズの指名順位が高くなかった.これで来季チームを盛り上げられるのかどうか,懸念しています.何年も前からあれだけ指名権を掻き集めてこの順位とは,いまいち指名権のシステムが理解できませんでした.

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      キャブス、運が強いですよね。
      サンズもブレッドソーの移籍が噂されていますし、どうなることやら・・・

*

CAPTCHA