【スポンサーリンク】

ケンタッキー大のハリソン兄弟 NBA入りを見送る

ケンタッキー大学のフレッシュマンで“ハリソン・ツインズ”の愛称で親しまれている双子、アーロン・ハリソンとアンドリュー・ハリソンが来季もケンタッキー大でプレイすることを表明した。

NBAドラフトに参加することになれば、1巡目中盤あたりで指名されると予想されていたハリソン兄弟だが、彼らの決定についてケンタッキー大のジョン・カリパリHCは次のようにコメントしている。

「アーロンとアンドリューが戻ってきてくれることに興奮してるよ。夏に彼らと一緒に過ごせることを楽しみにしてるし、彼らが来季のチームを引っ張ってくれるのを見たいね」

なお、ケンタッキー大の1年生、ジュリアス・ランドルとジェイムス・ヤングはNBAドラフトへの参加を正式表明している。

ケンタッキー大はカリパリHCのもと、ここ5シーズンでファイナル4に3回進出し、2012年にはタイトルを獲得。

2013-14シーズンはファイナルまで進出したものの、コネチカット大に破れ、準優勝に終わっていた。

アンドリュー・ハリソンはNBAドラフトに参加しなかった理由について、次のように説明。

「2年目もケンタッキー大でプレイするよ。だって、やり残したことがあるからね」

なお、アーロン・ハリソンは平均13.7得点、アンドリュー・ハリソンは平均10.9得点を記録した。

ハリソン・ツインズの父親は、「彼らは普通の19歳じゃない。でもまだ子供なんだ」とコメントしている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA