【スポンサーリンク】

ドラフト1位候補のアンドリュー・ウィギンス アーリーエントリーを表明へ

2014年のNBAドラフト1位指名候補に名が挙がっているカンザス大のアンドリュー・ウィギンスが、早くて日本時間4月1日にもアーリーエントリーする旨を発表すると伝えられた。

NBAでプレイすることで、高い潜在能力を有しているウィギンスのゲーム支配力は劇的に早まると見られている。

運動能力に優れるウィギンスは、自らシュートチャンスを作り出せる選手。

さらにリバウンドやディフェンスにも長けており、NBAでも即戦力として期待できるだろう。

ただ、3P成功率は35%程度とまだまだ改善の余地があり、ボールハンドリングについてもさらなるスキルアップが求められる。

それでも練習熱心なことで知られるウィギンスなら、必ずあらゆる弱点を克服し、NBAのスター選手として成功できるはずだ。

果たして来季はどのチームでプレイすることになるのか。

今年のドラフトから目が離せない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA