【スポンサーリンク】

ニック・スタースカス NBAドラフト参加を表明か

ミシガン大2年生のシューティングガード、ニック・スタースカスが、2014年NBAドラフトへの参加を近く表明すると報じられた。

ドラフト1順目での指名が濃厚とされるスタースカスは、ミシガン大の2シーズンで3P成功率44%を記録。

1年目にはフィジカルの弱さが指摘されていたが、トレーニングを強化し、2年目には運動能力が大幅に向上している。

そのフィジカルはNBAで戦えるまでになっているといっても良いだろう。

オールラウンドでプレイできるスタースカスだが、パス能力やボールハンドリングにも優れており、特にピック・アンド・ロールでのプレイが秀逸だ。

3P能力の高さが目立つものの、今年のカレッジにはスタースカスより優れたシューターが多くいたため、3Pを武器にNBAで戦っていくためには、さらなるスキルアップが望まれる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA