【スポンサーリンク】

ケンタッキー大のジェイムス・ヤング 2014NBAドラフト参加を表明

ケンタッキー大学の1年生、ジェイムス・ヤングが、2014年NBAドラフトへの参加を正式表明した。

ヤングは、ケンタッキー大とNBAについて次のように話している。

「ケンタッキーでの時間が特別なものだったよ。宝物さ。でもNBAで次のステップを踏む準備ができたんだ」

「今年はいろんなことを学べた。コートの中でも外でもね。コーチ(ジョン・カリパリ)やスタッフのサポートには感謝してるよ」

また、ヤングはチームメイトとケンタッキーファンにも感謝の意を表している。

カリパリコーチはヤングについて、「ジェイムスと彼の家族の決定に興奮してるよ。我々が求めていたことを彼はシーズンを通してやってくれたからね」とコメント。

2014年のNBAドラフトは、日本時間6月27日に行われる。

現在のところ、ケンタッキー大からNBAドラフトへの参加を表明しているのはヤングのみ。

2年生のウィリー・コーリー・スタインは来季もケンタッキー大でプレイすると明言している。

なお、NBAドラフトに参加するためには日本時間4月28日までにその意思を表明しなければならない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA