【スポンサーリンク】

ジャバリ・パーカー 来季もデューク大でプレイか?

今年のドラフトは豊作と言われているが、そのトップ3に挙げられるのが、デューク大のジャバリ・パーカーだ。

即戦力として期待できるパーカーだが、情報筋によると来季もデューク大でプレイする可能性があるという。

また、同じくドラフト有力候補として挙げられているジョエル・エンビードもカレッジ続投を考えているようだ。

チャド・フォード氏は、「2人ともカレッジでの続投を真剣に考えている。数人のスカウトはカレッジ続投を非難しているようだけどね。ただ、彼らにはまだ考える時間がある」とコメントしている。

最終期限は日本時間4月28日。

15日以降にパーカーから今後についてコメントが出るとされている。

パーカーがNBA入りした場合、どのチームでもスターターとしてプレイできるだろう。
それほどの能力を有している。

NBAというハードな世界でプレイすることは、パーカー自身のスキルアップにもつながるはずだ。

だが、パーカーはカレッジバスケを愛し、デューク大をNCAAチャンピオンに導くことを優先させたいとも伝えられている。

果たしてパーカーの決断は?

パーカーからしばらく目が離せない状況が続きそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA