【スポンサーリンク】

レイカーズ 来季もマイク・ダントーニHC体制継続か?

今季のロサンゼルス・レイカーズが、フランチャイズ史上最悪とも言えるシーズンを送っている。

現在25勝49敗のレイカーズは、過去54年でワーストのペースで進んでいるのだ。

その元凶はマイク・ダントーニHCにあるとも言われている。

コービー・ブライアントはダントーニHCの解雇を要求し、パウ・ガソルはダントーニHCに苦言を呈しているため、多くのレイカーズファンは来季のレイカーズを指揮するのはダントーニHC以外の人物だと考えているのではないだろうか。

だが、レイカーズは来季もダントーニHC体制を継続させる方向に傾いているようだ。

ダントーニHCの契約は来季まで保証されており、仮にダントーニHCを解雇したとすると、レイカーズには金銭的な問題が残る。

2004-05シーズンにコーチ・オブ・ザ・イヤーを受賞しているダントーニHCは、確かに優秀なヘッドコーチだ。

フェニックス・サンズを指揮していた2004-05シーズンから2007-08シーズンの間、サンズは65勝、54勝、61勝、55勝を記録している。

しかし、問題はダントーニHCのスタイルがレイカーズにフィットしているか、ということではないだろうか。

お世辞にも今のダントーニHC体制がうまく機能していると言えない。

なぜレイカーズがダントーニHC体制の継続を考えているのか謎が残るが、来季でチームを本格的に作り直し、来季終了後に新しいヘッドコーチを迎えることで再建を狙うとされている。

もしレイカーズがダントーニHC体制を継続させるなら、フロントとブライアントの間に亀裂が生じることになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA