【スポンサーリンク】

2014NBAドラフト 11位~15位

日本時間27日、2014年NBAドラフト会議が開催された。

1順目11位~15位で指名された選手は以下の通り。

11位 ダグ・マクダーモット

  • 指名チーム:ナゲッツ⇒ブルズへトレード
  • ポジション:フォワード
  • 出身:クレイトン大

アウトサイドショットに定評があり、3P成功率44.9%を記録。

ドリブルワークとポストアップでのプレイも上手く、オフェンスのバリエーションが豊富な選手だ。

一方で身体能力に問題があり、ペイントエリア内ではミスマッチを突かれる可能性もある。

またディフェンスを改善しなければ、トム・ティボドーHCに起用されないだろう。

12位 ダリオ・サリッチ

  • 指名チーム:マジック⇒シクサーズへトレード
  • ポジション:フォワード
  • 出身:クロアチア

トルコで2年の契約を結んでいるサリッチは、今年のNBAドラフトでも多彩なオフェンスパターンを有している選手のひとり。

名前は知られていないが、NBAのスカウトはサリッチを追い続けていた。

バスケットボールIQが高く、得点も期待できる選手だ。

ボールハンドリングとパッシングスキルにも優れており、ポストでも速攻でも得点できる。

一方で、NBAでプレイするにはジャンパーに磨きをかけ、フィジカルを高めなければならない。

12位 ザック・ラビーン

  • 指名チーム:ウルブズ
  • ポジション:シューティングガード
  • 出身:UCLA

今年のドラフトでは身体能力が高い選手のひとり。

フィジカル面ではNBAでも通用するだろうが、バスケットボール全体では課題が多い。

ハーフコートオフェンスでスペースをクリエイトする能力に疑問が残るところ。

一方でジャンパーが問題視されていたが、3P成功率は37%まで改善されている。

さらなる改善がなされなければ、Dリーグでプレイすることになるだろう。

14位 TJ・ウォーレン

  • 指名チーム:サンズ
  • ポジション:フォワード
  • 出身:ノースカロライナ州立大

カレッジでのトップスコアラーのひとり。

ディフェンスの穴を見つける目を持っているだけでなく、ボールがないところでもハードワークできる。

一方でアウトサイドジャンパーに課題があり、3P成功率26.7%をいう数字を改善しなければ、サンズで出場機会を得られないだろう。

またパッシングスキルのアップも必須だ。

15位 エイドリアン・ペイン

  • 指名チーム:ホークス
  • ポジション:パワーフォワード
  • 出身:ミシガン州立大

ホークスは良い選手を獲得したのかもしれない。

昨季3P成功率42%を記録しているペインは、ただのシューターではない。

ドリブルもあればポストプレイもできる。

一方でディフェンスには課題があるが、ひどすぎるというわけでもない。

アル・ホーフォード、ポール・ミルサップとのローテーションで起用される見込みだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA