【スポンサーリンク】

2014NBAドラフト 6位~10位

日本時間27日、2014年NBAドラフト会議が開催された。

1順目6位~10位で指名された選手は以下の通り。

6位 マーカス・スマート

  • 指名チーム:セルティックス
  • ポジション:ポイントガード
  • 出身:オクラホマ州立大

今後10年、スマートはセルティックスを代表するポイントガードとなるだろう。

ダニー・エインジはレイジョン・ロンドをどう起用していくのか注目が集まるところだ。

サイズがあり、スラッシュ能力にも秀でているスマートはパッシングスキルも高い。

そして今年のNBAドラフトでは最もディフェンス能力のある選手のひとりでもある。

今後はジャンパーの改善とターンオーバーを減らすことが求められるが、セルティックスにとって良いドラフトとなったと言えるだろう。

7位 ジュリアス・ランドル

  • 指名チーム:レイカーズ
  • ポジション:パワーフォワード
  • 出身:ケンタッキー大

コービー・ブライアントの大ファンであることを公言しているランドルは、ファンのお気に入りの選手となるだろう。

特にオフェンス能力に優れており、レイカーズではスターターを任される可能性もある。

今後はジャンパーとボールハンドリングのスキルアップが必要だ。

8位 ニック・スタウスカス

  • 指名チーム:キングス
  • ポジション:シューティングガード
  • 出身:ミシガン大

2014年のNBAドラフトでも最もシューティング能力が高い選手といっても過言ではない。

自分自身でショットをクリエイトすることもできる。

インサイドのデマーカス・カズンズを擁するキングスにとって、大きな戦力となるだろう。

一方でディフェンスには課題が残るところだ。

9位 ノア・ボンレー

  • 指名チーム:ホーネッツ
  • ポジション:パワーフォワード
  • 出身:インディアナ大

インサイドでの強力なパフォーマンスが魅力。

ジャンプフックも上手く、過去3シーズンではFG成功率48.5%を記録している。

サイズだけでなく、長いウィングスパンも特徴だ。

ただ、ターンオーバーが多く、パッシングスキルに乏しいという弱点がある。

また、NBAではペイント内のフィジカルが激しいため、アル・ジェファーソンから学ばなければならないだろう。

10位 エルフリッド・ペイトン

  • 指名チーム:シクサーズ
  • ポジション:ポイントガード
  • 出身:ルイジアナ大ラファイエット校

スピード感溢れるプレイが魅力。ディフェンスとパスにも優れているが、ジャンパーに難有り。

昨季、ハーフコートオフェンスでのジャンパー成功率はわずか25%に終わっている。

だがシュートフォームは美しく、努力次第で改善できるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    開幕前からずーーーーーーーーーーーーーーーーっっっっっっっっっっと前から個人的にLOVEコールを送っていたランドルが見事希望通りレイカーファミリーに加わりました♪(・ω・)ノランドルの名前が指名された瞬間に思わずガッツポーズしました(笑)(・ω・)ノこっから私の妄想ですけどコービーが引退した後はランドルとケンドールが順当に成長していき、ストックトン&マローンの再来と言われるようになれたらなと妄想してます(笑)(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      よかったですね(´∀`)
      何より次のHCは誰になるのか・・・

*

CAPTCHA