【スポンサーリンク】

引退か現役続行か苦悩するレイ・アレン

2014年のNBAファイナル、マイアミ・ヒートはタイトル獲得へ向けて崖っぷちに追い詰められている。

第4戦まで終え、サンアントニオ・スパーズにリードを許しているヒートだが、来月39歳になるレイ・アレンは現役を続行するのか、それともNBAから引退するのか苦悩しているようだ。

「(引退を含めて)すべてのことを考慮するよ。じっくり腰を据えて考えたい。ただ、俺の体の状態次第かな。ここ2年のコンディションは最高だよ」

「年齢が問題なんじゃない。年齢のことなんか気にしたことないよ。でも、いつも笑ってるんだ。だってさ、90年代生まれの選手もいるんだぜ!90年代だよ!90年代、俺はハードにプレイしてたし」

スパーズとのNBAファイナル第4戦で、アレンは4本中2本の3Pを成功させた。

だが、30分で4つのファウルを犯している。

デレック・フィッシャーが現役を引退し、ニューヨーク・ニックスのヘッドコーチに就任した今、アレンはスティーブ・ナッシュ、マイク・ジェイムスに次ぐオールドプレイヤーだ。

それでもこれらの選手と比べれば、アレンのコンディションは素晴らしい。

アレンが望むのなら、問題なく契約できるだろう。

しかし、18年もの間プロバスケットボール選手として戦ってきたアレンは、第2の人生を考えているのかもしれない。

プレイオフ終了後、アレンの去就にも注目が集まるのは間違いなさそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By あぶさん

    まだまだ行けるさ!

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      ですね、ファンとしてはまだまだみたいところですよね!

*

CAPTCHA