【スポンサーリンク】

ルカ・ドンチッチ「NBAでは常にトラッシュトークがある」

ルカ・ドンチッチ「NBAでは常にトラッシュトークがある」

ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチは、NBAを代表するスーパースターのひとりだ。

その一方で、癇癪持ちとしても知られている。

そのためNBA屈指のディフェンダーとして知られるミネソタ・ティンバーウルブズのパトリック・ベバリーなど、ドンチッチにトラッシュトークを仕掛ける選手は少なくないというが、ドンチッチによると、トラッシュトークがNBAゲームをさらにおもしろくするという。

ドンチッチはトラッシュトークについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

トラッシュトークは常にあると思う。

NBAでは常にトラッシュトークがある。

特にクリッパーズとのプレイオフの試合では、たくさんのトークがあった。

僕はそれがゲームをおもしろくすると思っている。

選手たちは負けず嫌いだし、僕もすごく負けず嫌いだ。

トラッシュトークは常にある。

特にプレイオフではね。

それがゲームをおもしろくしてくれるんだ。

ドンチッチは現地8日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦で今季16度目のテクニカルファウルをコールされた。

これにより、NBAがドンチッチのテクニカルファウルを取り消さない限り、ドンチッチはサンアントニオ・スパーズとの今季最終戦に出場することができない。

累積テクニカルファウル数はNBAプレイオフでリセットされるものの、マブスと対戦するチームはドンチッチのメンタルにも攻撃を仕掛け、テクニカルファウルを引き出そうとしてくるだろう。

だが、ドンチッチはトラッシュトークを受けて立ち、マブスを勝利に導くパフォーマンスにつなげるに違いない。

なお、ドンチッチの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数64263
平均出場時間35.533.8
平均得点28.526.4
平均リバウンド9.18.5
平均アシスト8.78.0
平均スティール1.1
(キャリアハイタイ)
1.0
平均ターンオーバー4.54.1
FG成功率45.7%45.7%
3P成功率35.3%
(キャリアハイ)
33.7%
フリースロー成功率74.0%73.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA