【スポンサーリンク】

ラマー・オドムが別れた婚約者に「パスポートとパスワードを返せ」

ラマー・オドムが別れた婚約者に「パスポートとパスワードを返せ」

元NBAプレイヤーのラマー・オドムは2019年11月、3カ月交際した女性、サブリナ・パーと婚約した。

だがその後、ロサンゼルス・レイカーズ時代に共にプレイした盟友コービー・ブライアントが他界。

悲しみに明け暮れるオドムについて、バーは当時「今は彼をサポートすることが大切」と語っていた。

しかし婚約から1年後、バーは「私は彼をすごく愛しています。ですが、彼が必死に助けを求めている間、私はもう彼の側にいることはできません。彼の幸せを願っていますし、皆さんにも彼のために祈ってもらえたらと思います」とし、オドムとの婚約解消を発表した。

共に困難を乗り越えることができなかったオドムとバーだったが、オドムはバーにある疑念を抱いているようだ。

オドムによると、一緒に暮らしている間にパスポートとパスワードを盗まれたという。オドムのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

愛は失われていないが、もう終わった。

僕のパスポートとパスワードを返せ。

それだけだ。

君は僕に対して間違ったことをたくさんした。

僕は静かに去ろうとしていた。

だが、君はショーを望んでいる。

僕は君にグローバルプラットフォームを与えた。

良いことのために使え。

そうしないと君は破壊されてしまうだろう。

一方のバーは「真実ではない」とし、オドムの主張を否定。

また、オドムが「僕は静かに去ろうとした」と話したことについては、「それは私のほう」とし、真っ向対立している。

愛を育み、婚約までした二人の間にいったい何があったのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA