【スポンサーリンク】

カイル・クーズマが歴史的な逆転負けについて「全員が負けた」

カイル・クーズマが歴史的な逆転負けについて「全員が負けた」

ワシントン・ウィザーズは先日のロサンゼルス・クリッパーズ戦で一時35点のリードを奪うなど、素晴らしいパフォーマンスを見せていた。

だが、大量リードが気の緩みにつながってしまったのか、まさかの逆転負け。

試合終盤に痛恨の5秒バイオレーションを犯してしまったカイル・クーズマによると、大量リードを奪ったことによりチームの全員が止まってしまったという。

クーズマはクリッパーズ戦について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

何かを変えなければならない。

全員が止まってしまった。

ディフェンス面で何もしていなかったように思う。

コートに出ている選手はもちろん、ベンチも流れを読む仕事をもっとうまくやらなければならない。

チームの敗北だ。

全員が負けてしまったんだ。

ウィザーズは主力が揃っていた一方で、クリッパーズはNBAオールスターのポール・ジョージとカワイ・レナード、さらにマーカス・モリスも不在だった。

それゆえにウィザーズにとって屈辱的な敗戦だったと言えるだろう。

ウィザーズは現在4連敗中と、急激に調子を落としている。

このような状況を受け、現地2月10日のトレード期限までにロスターを調整すると見られているが、強豪チームとの連戦を控える中、果たして立て直すことができるのだろうか?

なお、ウィザーズの今後10試合のスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チームホームorアウェイ
1/29メンフィス・グリズリーズアウェイ
2/1ミルウォーキー・バックスアウェイ
2/2フィラデルフィア・セブンティシクサーズアウェイ
2/5フェニックス・サンズホーム
2/7マイアミ・ヒートホーム
2/10ブルックリン・ネッツホーム
2/12サクラメント・キングスホーム
2/14デトロイト・ピストンズホーム
2/16インディアナ・ペイサーズアウェイ
2/17ブルックリン・ネッツアウェイ

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA