【スポンサーリンク】

ラマーカス・オルドリッジがベンチ出場について「すごく難しい」

ラマーカス・オルドリッジがベンチ出場について「すごく難しい」

ベテランビッグマンのラマーカス・オルドリッジは、長いNBAキャリアを通してスターターとして活躍してきた。

だが、ブルックリン・ネッツに復帰した今季はスターターではなく、セカンドユニットの一員としてプレイしている。

現地22日に行われたクリーブランド・キャバリアーズ戦ではベンチ出場ながらも21得点、11リバウンドを記録し、勝利に貢献したオルドリッジ。

しかし、まだ本調子ではないのかもしれない。

オルドリッジによると、今はまだベンチ出場に慣れようとしているところだという。オルドリッジのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

(ベンチ出場への移行は)すごく難しい。

僕はキャリアを通して決まった役割(スターター)を担うタイプだったんだ。

ベンチから出場するのは間違いなく難しいし、出場時間が短くなったのに慣れるのも難しい。

今は対処方法を見つけ出し、自分の居場所を見つけようとしているところさ。

自分なりのやり方を見つけ、チームの助けになろうとしているんだ。

今季のオルドリッジはベンチ出場となっただけでなく、平均出場時間もNBAキャリアワーストの21.4分にとどまっている。

とはいえ、ここ数試合は素晴らしいパフォーマンスを見せているだけに、新たな役割に適応しつつあるのは間違いないだろう。

オルドリッジには引き続きセカンドユニットを牽引し、ケビン・デュラントやジェイムス・ハーデンなどチームメイトたちの負担を軽くする働きを期待したいところだ。

なお、オルドリッジの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数171046
平均出場時間21.434.0
平均得点13.419.3
平均リバウンド5.88.2
平均アシスト0.92.0
平均スティール0.3
(キャリアワーストタイ)
0.7
平均ブロックショット1.21.1
平均ターンオーバー0.71.5
FG成功率57.7%
(キャリアハイ)
49.2%
3P成功率39.1%
(キャリアハイ)
32.3%
フリースロー成功率78.1%81.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA