【スポンサーリンク】

ゴーラン・ドラギッチが自身の発言について「適切ではなかった」

ゴーラン・ドラギッチが自身の発言について「適切ではなかった」

先日のトレードでマイアミ・ヒートからトロント・ラプターズに移籍したゴーラン・ドラギッチが母国スロベニアでのインタビュー時に、「トロントは僕が好む目的地ではない」、「僕にはもっと高い野心がある」と語った。

ドラギッチのこのコメントに、当然ながらラプターズファンは憤っている。

ドラギッチも自身の発言が適切ではなかったと判断し、ラプターズファンに謝罪した模様。

clutchpoints.comによると、ドラギッチはインタビュー時の発言について以下のように説明したという。

僕のメッセージは基本的にすべてのトロントファンに向けられたものだ。

謝罪したい。

適切な言い方ではなかった。

彼らが彼らのチームを愛していることは知っている。

彼らはそれを誇りに思うべきだ。

NBAで最高の組織のひとつだ。

彼らはすでにチャンピオンになっているが、僕はそうではない。

僕は言ったことは本当に適切ではなかった。

僕は常にプロフェッショナルさ。

人々に聞いてくれても良いよ。

僕はどのチームでもプレイするし、プロフェッショナルであり続け、自分の仕事をする。

僕はバスケットボールが大好きだし、プレイするのが大好き。

どのチームにいても100%を捧げる。

今の僕はトロントにいる。

それが僕が考えていることさ。

もしドラギッチが移籍を希望した場合、同じスロベニア出身のルカ・ドンチッチ擁するダラス・マーベリックが獲得に動くと見られている。

バイアウトかトレードかは分からないが、ラプターズとしてはトレードで放出し、見返りを得たいところだろう。

いずれにせよ、ドラギッチがラプターズファンを敵に回してしまったのは間違いないかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA