【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがオフィシャルを批判?

レブロン・ジェイムスがオフィシャルを批判?

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスター、レブロン・ジェイムスは、今季のNBAプレイオフゲームを自宅で観戦している。

例年であればこの時期はNBAチャンピオンを目指してコートで戦っているが、テレビを通して観戦することによりあることを再認識したのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ボストン・セルティックスとマイアミ・ヒートのNBAプレイオフ・カンファレンスファイナル第2戦を自宅で観戦したジェイムスは、イリーガルスクリーンに対するオフィシャルの一貫性のなさをSNSを通して指摘したという。

オフェンスの選手がスクリーンをセットする時、その選手はディフェンスの選手を邪魔するように足をスライドさせてはならない。

しかし、NBAゲームではムービングスクリーンが頻繁に見られ、オフィシャルが見逃すことも少なくない。

NBAファンもオフィシャルのコールの一貫性のなさを常に批判しているが、NBAを代表するスーパースターのジェイムスが批判したことにより、この問題はますます議論されることになるだろう。

今季は特にオフィシャルのコールに対する不満が多く見られるだけに、NBAには何かしらの対処が求められることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA