【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「僕たちにはセス・カリーの得点が必要だった」

ケビン・デュラント「僕たちにはセス・カリーの得点が必要だった」

先月のトレードでブルックリン・ネッツに加わったセス・カリーは、現地18日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦で7本の3ポイントを含む27得点を記録し、ネッツの勝利に貢献した。

NBAスターのカイリー・アービングがレギュラーシーズン残り3試合しか出場できない中、カリーのスコアリングはネッツにとって大きな武器になるだろう。

NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントも、カリーを頼もしく感じているのかもしれない。

デュラントはブレイザーズ戦を終えた後、カリーについて次のようにコメント。The New York Postが伝えている。

大きかった。

彼は27得点、FG14本9本成功だ。

コートのどの角度からも効率的だった。

僕たちに必要なものだった。

彼がコートに戻ってきたのを見られて良かったよ。

彼は足首の怪我で数試合欠場したが、良くなってきているみたいで、僕も嬉しく思う。

僕たちには彼のすべての得点が必要だったんだ。

カリーが調子を大きく崩さなければ、デュラントやアービングのドライブはより容易になるだろう。

なお、カリーはトレード前から足首に痛みを抱えており、痛みに対処しながら最後までプレイすると語っている。

トレードの1カ月前あたりから対処している。

オフシーズンまで管理し、対処しなければならないだろう。

悪化しない限り大丈夫だよ。

現役選手のNBAキャリア3P成功率トップ10は以下の通りとなっている。

順位選手所属3P成功率
1セス・カリーBKN43.9%
2ジョー・ハリスBKN43.9%
3ステフィン・カリーGSW42.8
4ルーク・ケナードLAC42.5
5デズモンド・ベインMEM42.2
6クレイ・トンプソンGSW41.6
7ブライン・フォーブスDEN41.3
8タイリース・ハリバートンIND41.0
9ダグ・マクダーモットSAS40.9
10ジョー・イングルスPOR40.8

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA