【スポンサーリンク】

キャブスのトレードターゲット5選手とは?

キャブスのトレードターゲット5選手とは?

NBAプレイオフ進出を目指すクリーブランド・キャバリアーズは、現地2月10日のトレード期限までにロスターを調整すると見られている。

これまで複数のNBA選手がトレードターゲットとして噂されてきたが、トレード期限に約2週間と迫る中、今はどのNBA選手をターゲットにしているのだろうか?

hoopsrumors.comによると、キャブスはインディアナ・ペイサーズのカリス・レバート、ヒューストン・ロケッツのエリック・ゴードン、オーランド・マジックのテレンス・ロス、ポートランド・トレイルブレイザーズのロバート・コビントン、ブルックリン・ネッツのジョー・ハリスをトレードターゲットにしているという。

中でもキャブスが最も注視しているとされるのは、レバート、ゴードン、ロスだ。

コリン・セクストンとリッキー・ルビオが長期離脱を強いられている中、スコアリングに定評ある彼らはキャブスにとって大きなオプションになるだろう。

一方、キャブスはコビントンについてすでにブレイザーズに接触しているというが、コビントンにはユタ・ジャズとミネソタ・ティンバーウルブズも関心を持ち、ブレイザーズに接触していると報じられている。

また、現在復帰に向けてリハビリを続けているハリスの契約は今季限りで満了となるものの、キャブスはハリスを重要な選手のひとりとして位置づけているため、トレードに応じる可能性は低いだろう。

なお、キャブスは今季限りで契約が満了となるルビオとNBAドラフト指名権をパッケージにしてトレードをオファーすると見られている。

レバート、ゴードン、ロスの今季のスタッツは以下の通りだ。

C・レバートE・ゴードンT・ロス
出場試合数334139
平均出場時間30.729.425.4
平均得点18.514.611.7
平均リバウンド3.72.02.7
平均アシスト4.23.22.1
平均スティール1.00.50.5
平均ターンオーバー1.92.11.4
FG成功率44.5%50.0%40.6%
3P成功率33.1%44.5%31.0%
フリースロー成功率78.6%74.5%86.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA