【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデンのNBAキャリア通算フリースロー成功本数がFG成功本数を上回る

ジェイムス・ハーデンのNBAキャリア通算フリースロー成功本数がFG成功本数を上回る

ブルックリン・ネッツのジェイムス・ハーデンは、NBAトップクラスのスコアラーであり、プレイメイカーだ。

ここ数年のハーデンはディフェンダーからファウルを引き出し、フリースローで得点を重ねるケースが増えているが、そのスタイルには批判も少なくない。

そんな中、興味深い数字が明かされた模様。

fadeawayworld.netによると、ハーデンのNBAキャリア通算フリースロー成功本数が、通算FG成功本数を上回ったという。

ハーデンはNBAキャリアを通してフィールドゴールを6513本成功させている。

一方、フリースローの成功本数は6574本だ。

だが、来季からシュート時のファウルに関するルールが変更となるため、フリースローで得点を重ねるのは難しくなるだろう。

ルール変更の影響を受けると見られるハーデンやトレイ・ヤングがどう対処するのか注目したいところだ。

なお、ハーデンのネッツ移籍後とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

ネッツ移籍後NBAキャリア
出場試合数36877
平均出場時間36.6877
平均得点24.625.1
平均リバウンド8.55.5
平均アシスト10.96.5
平均スティール1.31.6
平均ターンオーバー4.03.7
FG成功率47.1%
(282/599)
44.4%
(6513/14659)
3P成功率36.6%
(96/262)
36.3%
(2445/6728)
フリースロー成功率85.6%
(225/263)
85.8%
(6574/7659)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA