【スポンサーリンク】

アレックス・カルーソ「レイカーズからオファーはあった」

アレックス・カルーソ「レイカーズからオファーはあった」

アレックス・カルーソはNBAキャリア4年をロサンゼルス・レイカーズで過ごした後、4年3700万ドルの契約でシカゴ・ブルズに移籍した。

カルーソはNBA屈指のディフェンダーであり、プレイメイカーであるため、多くのレイカーズファンはカルーソの残留を願っていたことだろう。

だが、カルーソによると、レイカーズからオファーはあったものの、適切な金額ではなかったという。カルーソのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

午後6時になるまで、レイカーズを含めどのチームからも連絡がほとんどなかった。

するとレイカーズから電話があり、オファーをもらった。

ただ、僕は受け入れるつもりはなかった。

なぜなら、他のチームからもっと高額のオファーをもらえると思っていたからね。

たくさんの人々と話をし、僕は自分に4年4000万ドルの価値があると感じていた。

詳細な金額の話は誰ともしなかったが、数チームがそれに近い金額のオファーを出してくれた。

すると、エージェントからメールが来たんだ。

「へい、シカゴが君に興味を持っているぞ」とね。

だが、僕は金額面で契約が実現するか分からなかった。

ゾー(ロンゾ・ボール)がシカゴと契約した時、「OK、シカゴは僕のリストから外そう」という感じだったんだ。

だが、電話で(バスケットボールオペレーション部門代表の)アルトゥラス・カルニソバス、ビリー(・ドノバンHC)と話をした時、彼らはどのようなプレイをしたいのか、僕を選手としてどう見ているのかを伝えてくれた。

核心をついていると思ったよ。

僕は「彼らが言うことに間違いはない。僕は勝利に貢献できる。チームの勝利を助けることができる。僕を必要としてくれている」という気持ちになったんだ。

僕たちは彼らからのオファーを受けてロサンゼルスに戻り、同じようなオファーを出せるか(レイカーズに)訊いてみた。

彼らの答えは「ノー」だ。

僕たちは希望金額を引き下げてみた。

それでも彼らは「ノー」と言った。

だから僕は「OK、そういうことなら僕はシカゴに行く準備をし、次の章をスタートする」と言ったんだ。

もしレイカーズがブルズ以上の金額をオファーしていれば、レイカーズ残留を望んでいたカルーソは受け入れていただろう。

今季のブルズは素晴らしい戦いを見せている一方で、レイカーズは厳しい日々を送っている。

つまり、カルーソにとってブルズ移籍は正しい決断だったのかもしれない。

カルーソにはブルズをNBAチャンピオンに導くパフォーマンスを見せ、レイカーズを見返してもらいたいところだ。

なお、カルーソの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数10194
平均出場時間27.919.4
平均得点7.86.0
平均リバウンド2.62.3
平均アシスト3.92.4
平均スティール2.31.1
平均ターンオーバー1.91.2
FG成功率44.8%43.1%
3P成功率34.8%37.5%
フリースロー成功率85.7%73.0%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    主力ほぼ全員元lal,ucla,uscのロサンゼルスブルズだし草もセーフだし良かったな

*

CAPTCHA