【スポンサーリンク】

パトリック・ビベリーが古巣クリッパーズをディスる?

パトリック・ビベリーが古巣クリッパーズをディスる?

ミネソタ・ティンバーウルブズは現地3日、ロサンゼルス・クリッパーズに18点差で快勝した。

オフシーズン中のトレードでクリッパーズを去ったパトリック・ビベリーにとって凱旋試合となったわけだが、ビベリーは試合前から古巣へのリベンジを誓っていたのかもしれない。

ビベリーはクリッパーズ戦終了後、古巣をディスるかのようなコメントを発したという。ビベリーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕はここ(クリッパーズ)でパスを回したかった。

(トレードされた)理由のひとつは、クリッパーズが常に他のガード選手を探していたからだ。

なぜなら、彼らは僕のことを「プレイメイカーではない」と言っていたからね。

ビベリーはNBA屈指のディフェンダーとして知られているが、クリッパーズ戦ではプレイメイク能力を発揮し、12アシストを記録。

一方、クリッパーズのエリック・ブレッドソーは5アシスト、レジー・ジャクソンは1アシストにとどまったため、プレイメイク能力があることを証明したビベリーは最高の気分でクリプトドットコムアリーナを後にしたことだろう。

なお、ビベリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数26494
平均出場時間26.727.6
平均得点8.88.8
平均リバウンド4.64.3
平均アシスト5.2
(キャリアハイ)
3.5
平均スティール1.01.1
平均ターンオーバー1.21.3
FG成功率41.8%41.5%
3P成功率30.7%
(キャリアワースト)
37.8%
フリースロー成功率69.8%75.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA