【スポンサーリンク】

タイラー・ヒーロー「ノイズをシャットアウトするのは大変」

タイラー・ヒーロー「ノイズをシャットアウトするのは大変」

2019年のNBAドラフト13位でマイアミ・ヒートに入団したタイラー・ヒーローは、チームのNBAファイナル進出に貢献するなど素晴らしいルーキーシーズンを送った。

だが、NBAキャリア2年目の昨季は停滞。

しかし今季は飛躍し、NBAシックスマン・オブ・ザ・イヤーの最有力候補のひとりに挙がっている。

ヒーローによると、昨季の苦しい経験があったからこそ今季の彼がいるという。

ヒーローは自身について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

もし昨季がなければ、おそらく今の僕はいないだろう。

僕は昨季をメンタルとフィジカルの成長のモチベーションにしたんだ。

外野のノイズをシャットアウトしようとするのは、精神的にすごく大変なことさ。

僕はリラックスしたオフシーズンに送れ、自分を取り戻せると思っていたんだ。

ヒーローによると、NBAファイナルに進出した後はオフシーズンが短かったため、十分な準備ができないまま新シーズンを迎えてしまったという。

ヒートは現在イースタン・カンファレンス首位。

ヒーローの成長はヒートをさらに加速させ、NBAチャンピオンに近づけるに違いない。

なお、ヒーロの昨季と今季のスタッツは以下の通りとなっている。

2019-212021-22
出場試合数5458
平均出場時間30.332.7
平均得点15.121.1
(キャリアハイ)
平均リバウンド5.04.8
平均アシスト3.43.8
(キャリアハイ)
平均スティール0.60.7
(キャリアハイ)
平均ターンオーバー1.92.6
FG成功率43.9%44.6%
(キャリアハイ)
3P成功率36.0%39.4%
(キャリアハイ)
フリースロー成功率80.3%87.1%
(キャリアハイ)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA