【スポンサーリンク】

バディ・ヒールドがレイカーズへのトレードが白紙になったことについて「受け入れないと」

バディ・ヒールドがレイカーズへのトレードが白紙になったことについて「受け入れないと」

ロサンゼルス・レイカーズはオフシーズン中にカイル・クーズマとモントレズ・ハレルをトレードでサクラメント・キングスに放出し、NBA屈指のシューターであるバディ・ヒールドを獲得すると報じられた。

だが、レイカーズはNBAオールスターポイントガードのラッセル・ウェストブルックを獲得できるチャンスがあると知ると、キングスとのトレードを白紙に戻し、ウェストブルックのトレード獲得に切り替えた。

この件についてヒールドが言及した模様。

ヒールドによると、レイカーズのへのトレードが白紙になったことについては気にしていないという。ヒールドのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

気にしていないよ。

バスケットボールだからね。

起こらなければ起こらないということさ。

だが、バスケットボールだ。

受け入れて進まなければならない。

ビジネスでもあるんだ。

僕にはまだ仕事がある。

僕はリーグの全30チームに行くことができる。

仕事がある限り、僕はハッピーさ。

レイカーズへのトレードは決まる寸前だったと思う。

もちろんエージェントやメディアと話をしたよ。

メディアは基本的にエージェントやチームよりたくさんの情報を持っているからね。

だが、トレードは実現しなかった。

だから僕は今もここにいる。

僕は今もリーグにいるし、バスケットボールをプレイするチャンスをもらっている。

楽しいよ。

多くのレイカーズファンはウェストブルックをトレードで獲得したことに大興奮した。

だが、ウェストブルックはチームを勝利に導くパフォーマンスを見せることができていないため、「ウェストブルックではなくヒールドをトレードで獲得すべきだった」という声も少なくない。

しかし、ヒールドはレイカーズがトレードで彼を獲得すべきだったことを自身の力で証明するに違いない。

なお、ヒールドの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数39426
平均出場時間29.328.9
平均得点15.816.0
平均リバウンド3.84.2
平均アシスト2.12.4
平均スティール0.80.8
平均ターンオーバー1.61.7
FG成功率39.0%
(キャリアワースト)
43.1%
3P成功率37.9%
(キャリアワースト)
40.3%
フリースロー成功率87.5%86.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA