【スポンサーリンク】

レイカーズアドバイザーのカート・ランビスがスモールランアップに反対?

レイカーズアドバイザーのカート・ランビスがスモールランアップに反対?

最近のロサンゼルス・レイカーズはレブロン・ジェイムスを先発センターのポジションで起用することが多い。

対戦するチームのラインアップに合わせるためここ2試合は元NBAオールスターセンターのドワイト・ハワードを先発に起用しているが、レイカーズのアドバイザーを務める元NBA選手はスモールラインアップに疑問を持っているのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、レイカーズのアドバイザーを務めるカート・ランビス、ヘッドコーチのフランク・ボーゲル、アシスタントコーチのデイビッド・フィッツデールACは数日間で3度ミーティング行い、その中でランビスはハワードとディアンドレ・ジョーダンの出場機会を増やし、ビッグラインアップで戦うべきと提唱したという。

ボーゲルHCがランビスのアドバイスを受け入れるかは分からない。

だが、NBAオールスタービッグマンのアンソニー・デイビスが復帰すればデイビスを5番のポジションで、ジェイムスを4番のポジションで先発起用することになるだろう。

とはいえ、対戦するチームのサイズに合わせてハワードの出場時間を増やすなど、フレキシブルに対応することになりそうだ。

なお、ジョーダンとハワードの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

D・ジョーダンD・ハワード
出場試合数2935
平均出場時間13.015.1
平均得点4.35.3
平均リバウンド5.55.5
平均アシスト0.40.6
平均スティール0.30.8
平均ブロックショット0.90.7
平均ターンオーバー0.70.8
FG成功率67.4%63.0%
フリースロー成功率58.8%56.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA