【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「マイケル・ジョーダンとレブロン・ジェイムスを比較すべきではない」

ケビン・デュラント「マイケル・ジョーダンとレブロン・ジェイムスを比較すべきではない」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、NBA史上最も偉大な選手のひとりだ。

現地19日のワシントン・ウィザーズ戦でNBA史上2位となるキャリア通算得点に到達するなど、現在進行系で偉業を重ねているジェイムス。

ジェイムスは素晴らしいNBAキャリアを送っていることから、”バスケットボールの神様”ことマイケル・ジョーダンと比較されることも少なくないが、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントによると、ジェイムスとジョーダンを比較すべきではないという。

デュラントはジェイムスとジョーダンの比較論について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

MJはレブロンと試合で対戦したことがない。

レブロンは同じ領域に入っているんじゃないかな。

マイケル・ジョーダンがやってきたこととは比較できない。

彼らは違う。

僕の言っている意味が分かるかい?

彼らは僕たちが見たことがない存在さ。

君たちも知っての通り、彼らはユニークで、それぞれの領域で偉大な存在になっているんだ。

なぜまるで彼らが対戦するかのように、いつも比較するんだ?

彼らは信じられないような偉業を達成している。

バスケットボールのゲームを超越している偉業だ。

僕は「君はレブロンだ」と言われることがあるが、彼は彼の領域にいるのさ。

ジョーダンが活躍した90年代のNBAと近年のNBAではルールが違えば、試合のスタイルも違っている。

それでもGOAT論争が止むことはないだろうが、ジョーダンとジェイムスの偉業が忘れ去られることはないだろう。

なお、ジョーダンとジェイムスのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

M・ジョーダンL・ジェイムス
出場試合数10721363
平均出場時間38.338.2
平均得点30.127.1
平均リバウンド6.27.5
平均アシスト5.37.4
平均スティール2.31.6
平均ブロックショット0.80.8
平均ターンオーバー2.73.5
FG成功率49.7%50.5%
3P成功率32.7%34.6%
フリースロー成功率83.5%73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA