【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「誰もファウルルール変更の影響は受けていない」

ケビン・デュラント「誰もファウルルール変更の影響は受けていない」

ブルックリン・ネッツのNBAオールスターガード、ジェイムス・ハーデンは、ディフェンダーからファウルを引き出す技術に優れた選手のひとりだ。

だが、今季からシュートモーション時のルールが変更されたため、ハーデンのようなファウルをもらってフリースローで得点を重ねるタイプのNBA選手は新ルールにアジャストしなければならないだろう。

だが、チームメイトのケビン・デュラントによると、ハーデンはもちろん誰もルール変更の影響を受けていないという。

ハーデンはNBAキャリアを通して1試合あたり8.7本のフリースローを放っている。

今季3試合を終えた時点ではNBAキャリアワーストとなるわずか3.0本にとどまっており、現時点ではルール変更の影響を受けていると言えるかもしれない。

だが、まだNBA2021-22シーズンは始まったばかりであり、ルール変更の影響の有無はこれから明らかになっていくだろう。

なお、ハーデンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数3880
平均出場時間34.034.4
平均得点18.325.1
平均リバウンド7.35.5
平均アシスト8.06.5
平均スティール1.31.6
平均ターンオーバー5.73.7
FG成功率38.8%44.4%
3P成功率39.1%36.4%
フリースロー成功率88.9%85.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA