【スポンサーリンク】

レイカーズがカイリー・アービングのトレード獲得を狙っていた?

レイカーズがカイリー・アービングのトレード獲得を狙っていた?

NBAスターのレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルック擁するロサンゼルス・レイカーズには、NBAタイトル奪還の期待がかかっていた。

だが、主力選手たちの相次ぐ負傷離脱やウェストブルックの一貫しないパフォーマンスなどが影響し、NBAタイトル奪還はおろかプレイイントーナメント出場すら叶わなかった。

最初から最後まで波に乗ることができなかったレイカーズは、2月のトレードでロスターを再編すると見られていたが、NBAを代表するスターポイントガードの獲得を狙っていたのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、レイカーズはブルックリン・ネッツのNBAスター、アービングをトレードで獲得することを検討し、組織内で議論していたという。

だが、組織内での議論は進展しなかったと報じられている。

レイカーズはウェストブルックをトレード要員としただろうが、ケビン・デュラントとウェストブルックの過去を踏まえると、ネッツがウェストブルックとのトレードに応じることはなかっただろう。

また、アービングとアンソニー・デイビスは対立関係にあると噂されており、それもトレードの議論が進まなかった理由のひとつなのかもしれない。

なお、アービングは来季のプレイヤーオプションを破棄してFAになる見込みだが、ネッツと再契約を結ぶと見られている。

アービングとウェストブルックの今季のスタッツは以下の通りだ。

K・アービングR・ウェストブルック
出場試合数2978
平均出場時間37.634.3
平均得点27.418.5
平均リバウンド4.47.4
平均アシスト5.87.1
平均スティール1.41.0
平均ターンオーバー2.53.8
FG成功率46.9%44.4%
3P成功率41.8%29.8%
フリースロー成功率91.5%66.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA