【スポンサーリンク】

ケビン・ポーターJr「ポイントガードとしてやっていきたい」

ケビン・ポーターJr「ポイントガードとしてやっていきたい」

NBAキャリア3年目のケビン・ポーターJrは、ヒューストン・ロケッツを再建に導くであろう重要な若手選手のひとりだ。

ポーターJrはロケッツ移籍後にポイントガードのポジションにコンバートし、オールラウンダーとしての才能を開花させつつある一方で、近年のNBAではゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーやポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードのように圧倒的なスコアリングがあるポイントガードも少なくない。

ポーターJrにもスコアリングを求める声が多いというが、ポーターJrはNBA史上最高のポイントガードのひとりであるクリス・ポールのようなトラディッショナルなポイントガードを理想にしているのかもしれない。

ポーターJrは自身について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

僕たちは2022年にいる。

ステフが”トラディッショナルなポイントガード”というラベルを剥がしたと思う。

ステフが現れて以降、トラディッショナルなポイントガードは出てきていないんじゃないかな。

以前からNBAにいるCPや他の選手を除いてね。

僕は自分のことをポイントガードだと思っている。

残りのキャリアをポイントガードとしてやっていきたいんだ。

クリーブランド・キャバリアーズ時代に問題を起こし、一時はNBAキャリアが危ぶまれたものの、ロケッツでNBA選手として進化し続けているポーターJr。

ロケッツは厳しい時間が続いているが、ポーターJrはリーダーとして若手たちをまとめ、いつの日かロケッツをNBAプレイオフ進出に導くことだろう。

なお、ポーターJrの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数49125
平均出場時間30.427.9
平均得点14.112.9
平均リバウンド4.1
(キャリアハイ)
3.7
平均アシスト6.04.5
平均スティール1.2
(キャリアハイ)
1.0
平均ターンオーバー3.32.8
FG成功率40.3%
(キャリアワースト)
42.1%
3P成功率37.5%
(キャリアハイ)
34.9%
フリースロー成功率60.0%
(キャリアワースト)
67.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA