【スポンサーリンク】

シャキール・オニールがジェイムス・ハーデンとジョエル・エンビードのデュオとシャックとコービー・ブライアントのデュオ比較に「もう言うな」

シャキール・オニールがジェイムス・ハーデンとジョエル・エンビードのデュオとシャックとコービー・ブライアントのデュオ比較に「もう言うな」

NBAオールスターのジェイムス・ハーデンがシーズン中のトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍した時、多くのNBAファンはハーデンとジョエル・エンビードのデュオに期待を寄せ、「コービー・ブライアントとシャキール・オニールのデュオの再来だ」などと歓喜していた。

実際にデュオ結成後数試合のハーデンとエンビードは、それを感じさせるパフォーマンスを見せたと言えるだろう。

だが、シーズンが進むにつれて綻びが見え始め、特にハーデンはNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナルでのパフォーマンスで批判を浴びる結果となってしまった。

これを受け、以前から「コービー・ブライアントとシャキール・オニールのデュオの再来」という評価に反論していたオニールが、SNS上で反撃を強めた模様。

fadeawayworld.netによると、オニールはSNSを通して「皆がハーデンとエンビードはコービーとシャックだと言っていたことを覚えているかい?もう二度と言うな」というメッセージを発信したという。

また、オニールは「スーパーデュオはこれまでひとつしかない。オンリーワンだ。コービーがいなくでさびしいよ」と語った。

オニールはエンビードとハーデン擁するシクサーズの敗退を喜んだことだろう。

改めてブライアントとオニールのデュオの偉大さを思い知ることになったが、エンビードとハーデンには来季、ブライアントとオニールに匹敵するデュオであることを証明してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA