【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードがMVPレースについて「まだ早すぎる」

ジョエル・エンビードがMVPレースについて「まだ早すぎる」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスタービッグマン、ジョエル・エンビードは、今季もMVPレベルのパフォーマンスを見せている。

先日のオーランド・マジック戦ではわずか27分の出場で50得点を記録し、シクサーズを勝利に導いたエンビード。

MVP選出の期待はますます高まるばかりだが、エンビードは慎重に考えている模様。

エンビードによると、MVPレースを考えるのは時期尚早だという。エンビードのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

早すぎる。

僕の場合、健康を維持することが重要だ。

昨季はあと10試合出場することができていれば、おそらく勝ち取っていただろう。

特に第1シードになり、数字を残していたらね。

健康を維持することが重要だ。

今季の僕たちはたくさんのことを経験している。

僕たちの2番目のベストプレイヤーはここにいない。

やらなければならないことがたくさんあるんだ。

僕はチャレンジが大好き。

チームメイトたちは僕のためにここにいてくれている。

そのことを理解するのは君たち(メディア)次第だ。

だが、この状況や僕のプレイを見てもらいたい。

僕には(MVPになれるか)分からない。

君たち次第さ。

僕はできるだけ最高のレベルでプレイするように心掛けている。

それは世界最高の選手になることであり、僕たちを勝利に導くことだ。

僕はそうならなければならないんだ。

NBA屈指のディフェンダーであり、プレイメイカーのベン・シモンズを失ったシクサーズは、苦戦すると予想されていた。

だが、エンビードを中心として素晴らしい戦いを続け、予想を上回る成績を残している。

昨季のエンビードは怪我に苦しみ、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチにMVPを奪われてしまったが、今のパフォーマンスと健康を維持することができれば、MVP選出の可能性は十分あるだろう。

なお、エンビードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数34294
平均出場時間32.930.8
平均得点228.4 28.425.2
平均リバウンド10.611.2
平均アシスト4.2
(キャリアハイ)
3.2
平均スティール1.0
(キャリアハイタイ)
0.8
平均ブロックショット1.41.7
平均ターンオーバー3.03.4
FG成功率49.8%48.8%
3P成功率39.1%
(キャリアハイ)
33.6%
フリースロー成功率81.4%80.9%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    今シーズンの平均得点が228.4ととんでもない数字になってますよ

*

CAPTCHA