【スポンサーリンク】

シャキール・オニールがカイリー・アービングに「完璧なプロであり続けろ」

シャキール・オニールがカイリー・アービングに「完璧なプロであり続けろ」

現地17日に行われたブルックリン・ネッツ対ボストン・セルティックスのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第1戦で、カイリー・アービングは古巣セルティックスのファンから強烈にブーイングされた。

アービングとセルティックスの過去を踏まえるとセルティックスファンの反応は予想されたことではあるものの、アービングは試合中にセルティックスに向けて中指を立てるなど、火に油を注いでしまった。

アービングは試合後、「僕に向けられたエネルギーと同じエネルギーを返す」と語ったが、NBAレジェンドのシャキール・オニールによると、アービングのような反応の仕方ではファンの反感を買うだけだという。

オニールはアービングについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

(ブーイングは)試合の一部だ。

君にできる最善のことは、完璧なプロフェッショナルであり続けることと、シリーズが終わる頃に彼らを家に送り返すことだ。

それが君にできる最善のことだ。

僕はビル・ラッセルと話をしたことがあるが、彼は僕が知らなかったことや切り抜けなければならないことを教えてくれた。

NBA史上最も偉大なビッグマンのひとりになるために、僕はそういった行動を取りたかった。

僕はそういうプロフェッショナルになりたかったんだ。

モハメド・アリ、カリーム(・アブドゥル・ジャバー)、ジャッキー・ロビンソン。

成功したすべての人々は、僕たちのために道を切り拓いてくれた。

誰がコートに立っていようと、彼らと戦い、家に送り返すことができる。

そういうふうに反応しなければならない。

泣いたり愚痴ったりしない。

ボストン、フィリー、ニューヨーク。

彼らは罵声を浴びせ続けるだろう。

もっといろんなことをやってくるだろうし、もっと悪ふざけをしてくるだろう。

ただプレイし、試合に勝て。

ただのバスケットボールだ。

愚痴などそういったことは聞きたくない。

アービングによると、試合を通してひどい言葉が飛び交っていたというが、セルティックスファンがアービングに対するブーイングをやめることはないだろう。

特にセルティックスとのシリーズは、アービングにとってメンタルが試される試合になるのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA