【スポンサーリンク】

ゲイリー・ペイトンがディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー受賞のマーカス・スマートのもとに駆けつける

ゲイリー・ペイトンがディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー受賞のマーカス・スマートのもとに駆けつける

NBAは現地18日、2021-22シーズンのディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーにボストン・セルティックスのマーカス・スマートが選出されたことを発表した。

ガードの選手がディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞するのは、NBAレジェンドのゲイリー・ペイトンが受賞した1995-96シーズン以来初だ。

スマートは今年3月に「イニシャルがGPではないNBAガードがDPOYを受賞するのは許されない」とツイートしていたこともあり、ペイトンはスマートのもとに駆けつけ、偉業を祝福した。

https://twitter.com/smart_MS3/status/1501336153659781127
https://twitter.com/NBAonTNT/status/1516192438380994563

ペイトンはスマートのツイートをわざわざ拡大プリントして持参し、スマートを祝福。

スマートはチームメイトたちから手荒く祝われ、感謝の言葉を口にした。

スマートにはこれまで何度もトレードの噂があがってきた。

だが、セルティックスの球団社長を務めるブラッド・スティーブンスは常に噂を否定。

スティーブンスはスマートがセルティックスに必要な人材であることを力説し続けたこともあり、スマートはもちろんスティーブンスとっても価値ある受賞と言えるだろう。

栄冠を勝ち取ったスマートには、セルティックスを悲願のNBAチャンピオンに導く働きを期待したい。

なお、ゲイリー・ペイトン以降のNBAディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーは以下の通りとなっている。

シーズン選手ポジション
1995-96ゲイリー・ペイトンPG
1996-97ディケンベ・ムトンボC
1997-98ディケンベ・ムトンボC
1998-99アロンゾ・モーニングC
1999-00アロンゾ・モーニングC
2000-01ディケンベ・ムトンボC
2001-02ベン・ウォーレスC
2002-03ベン・ウォーレスC
2003-04ロン・アーテストSF
2004-05ベン・ウォーレスC
2005-06ベン・ウォーレスC
2006-07マーカス・キャンビーC
2007-08ケビン・ガーネットPF
2008-09ドワイト・ハワードC
2009-10ドワイト・ハワードC
2010-11ドワイト・ハワードC
2011-12タイソン・チャンドラーC
2012-13マーク・ガソルC
2013-14ジョアキム・ノアC
2014-15カワイ・レナードSF
2015-16カワイ・レナードSF
2016-17ドレイモンド・グリーンPF
2017-18ルディ・ゴベアC
2018-19ルディ・ゴベアC
2019-20ヤニス・アンテトクンポPF
2020-21ルディ・ゴベアC
2021-22マーカス・スマートPG

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA