【スポンサーリンク】

カイリー・アービング「セルティックスファンに同じエネルギーを返す」

カイリー・アービング「セルティックスファンに同じエネルギーを返す」

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは現地17日に行われたボストン・セルティックスとのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第1戦で、予想通りセルティックスファンから手荒い歓迎を受けた。

セルティックスはアービングがボールを持つたびにブーイングを浴びせ、コートサイドにいたファンはアービングにトラッシュトークを仕掛ける様子も見られた。

一方のアービングはコーナーからタフジャンパーを決めた後、セルティックスファンに向けて中指を立てるジェスチャーを見せたわけだが、この件についてアービングが説明した模様。

アービングによると、セルティックスファンのエネルギーをそのまま返しただけだったという。アービングのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕の出身地ではこういった悪ふざけがたくさんあったから、僕は慣れているんだ。

このアリーナに足を踏み入れた時からどうなるか分かっていた。

だから、特に真新しいことではない。

だが、僕は彼らが僕に向けたエネルギーと同じだけのエネルギーを返すだろう。

すべてのファン、すべてのボストンファンを攻撃したいわけではない。

だが、人々に「プッ○ー」とか「ビッ○」とか「ファッ○ユー」とか叫ばれたら、選手にできることはほとんどないんだ。

僕たちは大人しく、謙虚な姿勢でいることを期待されている。

だが、これはプレイオフだ。

そういうことさ。

ここでどんなことが起こるかは分かっている。

僕は同じエネルギーを彼らに返している。

競技の中ではすべてが公平だ。

だから、誰かが僕の名前を叫んだら、僕は彼らを直視し、本当にそう思っているのか確認する。

ほとんどの場合、彼らはそう思っていないよ。

アービングは以前、セルティックスの一員としてプレイし続けることを誓っていた。

にも関わらずセルティックスを離れ、ケビン・デュラントと共にNBAタイトルを勝ち取るためにネッツに移籍。

さらに凱旋試合ではセルティックスのロゴを踏みつけるなど、セルティクスファンの怒りを買う行為をしてきた。

おそらくセルティックスファンの怒りが収まることはないだろう。

ネッツが勝っても負けても、セルティックスファンはアービングに罵声を浴びせ続けるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA