【スポンサーリンク】

ディロン・ブルックス「相手のベストプレイヤーたちの得点を最小に抑える」

ディロン・ブルックス「相手のベストプレイヤーたちの得点を最小に抑える」

メンフィス・グリズリーズはゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第4戦を制し、シリーズを2勝3敗とした。

NBAオールスターのジャ・モラント不在ながらも、強豪ウォリアーズ相手に一時55点もの大量リードを奪ったグリズリーズ。

だが、スターターのジャレン・ジャクソンJr、タイアス・ジョーンズ、デイズモンド・ベインがそれぞれ21得点を記録した一方で、ディロン・ブルックスはシュートの精度を欠き、12得点にとどまった。

しかし、ブルックスによると、他のことでチームに貢献するよう努めているという。ブルックスのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕は僕自身に対する最悪の批評家だ。

僕がひどいプレイをしたのは分かっている。

3ポイントが良くなかったのも分かっている。

だが、僕はすべての小さなことをやるべく努力しているんだ。

ディフェンスの時に「DBはここにいるぞ」と相手に伝え、彼らのベストプレイヤーたちの得点を最小に抑えるべく努力しているのさ。

ブルックスはNBAプレイオフを通して安定したパフォーマンスを見せることができていない。

幸いにも他のチームメイトたちがステップアップしているが、グリズリーズとしてはブルックスの復活を期待したいところだろう。

果たしてブルックスは昨季NBAプレイオフのようなパフォーマンスを取り戻し、窮地に陥っているグリズリーズを救うことができるだろうか?

なお、ブルックスの昨季と今季のNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

昨季プレイオフ今季プレイオフ
出場試合数510
平均出場時間35.029.6
平均得点25.813.1
平均リバウンド4.22.6
平均アシスト2.22.9
平均スティール1.40.8
平均ターンオーバー1.82.1
FG成功率51.5%34.0%
3P成功率40.0%31.6%
フリースロー成功率80.8%65.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA