【スポンサーリンク】

クリス・ポール「ヒューストン時代の僕たちはすごく良かった」

クリス・ポール「ヒューストン時代の僕たちはすごく良かった」

NBAオールスターポイントガードのクリス・ポールは、フェニックス・サンズの一員としてキャリア初となるNBAファイナル進出を果たした。

残念ながらNBAタイトルを勝ち取ることはできなかったものの、ポールにとって特別なシーズンになったのは間違いないだろう。

そんな中、ポールがヒューストン・ロケッツ時代を振り返った模様。

ポールはジェイムス・ハーデンとタッグを組んだロケッツ時代を振り返り、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

最もフラストレーションが溜まったのは、1年目の僕が健康ではなかったということだ。

クレイジーだったと思う。

ヒューストンでの数年間では想定できなかったことがたくさんあった。

なぜなら、当時はあまりに多くのことが起こっていたからね。

だが、僕たちは良かった。

本当に良いチームだったんだ。

そしてジェイムス、今も彼以上にスコアリングできる男はいない。

クレイジーさ。

当時のロケッツにはNBAタイトル獲得の期待がかかっていた。

だが、NBAファイナルには一度も出場することができず、最終的にはポールとハーデンのバスケットボールに対する考えが食い違い、コンビを解散することとなった。

もしポールとハーデンが共にプレイし続けていたら、NBAタイトルを獲得できたかもしれない。

それでもポールとハーデンがロケッツを離れたことを後悔することはないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA