【スポンサーリンク】

カイル・ラウリーが古巣凱旋を前に「ものすごく興奮している」

カイル・ラウリーが古巣凱旋を前に「ものすごく興奮している」

元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリーは、昨年夏のサイン&トレードでトロント・ラプターズからマイアミ・ヒートに移籍した。

そのラウリーが現地3日に、ラプターズのホームアリーナであるスコシアバンクアリーナに凱旋する。

ラウリーのラプターズでの最後のシーズンはトロントではなくタンパを一時的にホームとしたため、ラウリーにとって2020年2月28日以来のスコシアバンクアリーナ凱旋になるという。

古巣凱旋を明日に控えたラウリーは、次のようにコメント。The Players Tribuneが伝えている。

ものすごく興奮している。

フレッド(・バンブリート)、パスカル(・シアカム)、OG(・アヌノビー)とまた一緒にコートに立てることに興奮している。

もしマサイ(・ウジリ球団社長)がビッグブラザーなら、彼らは僕のリトルブラザーさ。

今は彼らがチームを引き継いでいるんだ。

トロント・バスケットボールのエネルギーをまた体験できることに興奮している。

ただ、普通の夜になるかもしれないとも思っている。

僕の言っている意味が分かるかい?

僕がどのジャージーを着ていようと、たくさんのことは今も変わっていないということさ。

これからも変わらないだろう。

僕とトロントの関係が終わることはないし、家族にさよならと言うことは絶対にないんだ。

ラウリーをサイン&トレードで放出したラプターズは、再建期に入ると思われていた。

だが、若手たちが期待以上のパフォーマンスを見せ、現在イースタン・カンファレンス6位と好調だ。

選手としてはもちろんメンターとしても貢献したラウリーも、かつてのチームメイトたちの成長と活躍を嬉しく思っているに違いない。

なお、ラウリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数601020
平均出場時間34.031.9
平均得点13.214.8
平均リバウンド4.54.4
平均アシスト7.56.3
平均スティール1.11.3
平均ターンオーバー2.72.4
FG成功率43.3%42.4%
3P成功率37.3%36.8%
フリースロー成功率85.1%81.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA