【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「残り5戦全勝のマインドで臨む」

アンソニー・デイビス「残り5戦全勝のマインドで臨む」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAスター、アンソニー・デイビスが、現地1日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦で復帰した。

レイカーズにとってペリカンズ戦は絶対に負けられない試合だったが、デイビスとNBAオールスターのレブロン・ジェイムスが復帰したにもかかわらず、レイカーズは白星を勝ち取ることはできなかった。

もはやNBAプレイオフはもちろんプレイインゲーム出場さえ疑問視される状況になってしまったわけだが、デイビスによると、残りを全勝するマインドで臨むという。

デイビスはレイカーズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕たちは今置かれている状況を理解している。

僕は足に痛みを、彼(ジェイムス)は足首に痛みを抱えているが、これ(ペリカンズ戦)は僕たちがプレイしなければならない試合だと思っていた。

次の5試合も自分たちにコントロールできることをコントロールする。

僕たちは今後5試合を5勝0敗とし、あとは運に任せるというマインドで臨む。

この試合は落としてしまったが、残りの5試合は僕たちにコントロールできることをコントロールし、うまくいけば僕たちの望む結果になるだろう。

レイカーズが残り5試合で対戦するのはデンバー・ナゲッツ、フェニックス・サンズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズと強豪揃いだ。

すでにNBAプレイオフ進出を決めたチームは主力選手を休ませる可能性があるが、それでも今のレイカーズにとってタフな相手と言えるだろう。

果たしてデイビスとジェイムスはレイカーズをプレイインゲームとNBAプレイオフに導くことができるだろうか?

なお、ウェスト10位サンアントニオ・スパーズと同11位レイカーズの残りのスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付スパーズレイカーズ
4/3ポートランド・トレイルブレイザーズ
(ホーム)
デンバー・ナゲッツ
(ホーム)
4/5デンバー・ナゲッツ
(アウェイ)
フェニックス・サンズ
(アウェイ)
4/7ミネソタ・ティンバーウルブズ
(アウェイ)
ゴールデンステイト・ウォリアーズ
(アウェイ)
4/8オクラホマシティ・サンダー
(ホーム)
4/9ゴールデンステイト・ウォリアーズ
(ホーム)
4/10ダラス・マーベリックス
(アウェイ)
デンバー・ナゲッツ
(アウェイ)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA