【スポンサーリンク】

シャキール・オニールが一転してルディ・ゴベールを称賛?

シャキール・オニールが一転してルディ・ゴベールを称賛?

NBAレジェンドのシャキール・オニールは、NBAオールスターセンターのルディ・ゴベールがユタ・ジャズと5年2億500万ドルの大型契約を結んだ後、「NBAで平均11得点をあげれば2億ドルが手に入る」、「彼は素晴らしいエージェントを持っている」などと痛烈に批判した。

オニールのゴベール批判はそれだけで終わらず、「僕は3Qで45得点、16リバウンド、フリースローを10本ミスするだろう。彼は3Qで11得点、4リバウンド、ファウルアウトだ」というコメントと共にゴベールの上からダンクを決めるコラージュ画像をSNSに投稿。

だが、ここ最近でゴベールに対する見方が変わってきたのかもしれない。

オニールによると、ビッグマンたちはゴベールを手本にすべきだという。オニールのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ルディ・ゴベールはNBAにおいて、もはや平均的なビッグマンではない。

なぜなら、平均的なビッグマンはピック&ポップなど、どんなことでもやりたがるからね。

ルディ・ゴベールは大きく、高く、ハードにプレイし、素晴らしいディフェンスをする。

ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーだ。

彼は2億ドルを手にした。

他のビッグマンはどうだい?

彼を見てくれ。

彼をフォローしてくれ。

君たちはレブロン(・ジェイムス)やコービー(・ブライアント)、KG(ケビン・ガーネット)のようにはなれないだろう。

だが、彼(ゴベール)と同じことができるビッグマンはたくさんいると思うんだ。

ゴベールはトラディッショナルなタイプのビッグマンであり、近年のビッグマンのようにピック&ポップでアウトサイドに開くことはない。

リム周辺のプレイに特化しており、それが今のジャズの成功につながっているとオニールは感じているのだろう。

もしジャズがNBAタイトルを獲得することができれば、再びトラディッショナルなタイプのビッグマンに注目が集まることになるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA