【スポンサーリンク】

デニス・シュルーダー「手を振ったから退場させられた」

デニス・シュルーダー「手を振ったから退場させられた」

昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズのデニス・シュルーダーは、現地10日に行われた強豪ブルックリン・ネッツ戦でオフェンスはもちろんディフェンスでもハードに働き、レイカーズを牽引した。

だが、第3Q序盤にカイリー・アービングと一触即発の状態となり、シュルーダーとアービングは2度のテクニカルファウルで退場。

シュルーダーによると、退場処分となったのはアービングだけであり、シュルーダーにも退場処分が科されたとは思っていなかったという。

シュルーダーはアービングとの一件について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

彼が僕に向かってきた時、最初は僕たちにダブルテクニカルファウルがコールされたとは思っていなかった。

その後、僕は彼(アービング)に質問し続けた。

「何を言っているんだ?」とね。

彼はずっと喋っていた。

それから2度目のテクニカルファウルで彼に退場が命じられた。

だから、僕は「バイバイ」と言ったんだ。

手を振ったかは分からない。

多分振ったんだろうね。

それからオフィシャルに「手を振ったから、君も退場だ」と言われたよ。

僕は1回目のテクニカルファウルのことさえ知らなかったんだ。

何をしたかも分からないまま、僕は退場させられた。

チームメイトたちには謝罪したよ。

シュルーダーとアービングが退場した後、レイカーズは猛攻を仕掛け、今季のNBAタイトル最有力候補のネッツを圧倒した。

もし今季のNBAファイナルで再び戦うなら、シュルーダーとアービングは激しいバトルを繰り広げるだろう。

なお、レイカーズを指揮するフランク・ボーゲルHCは、シュルーダーについてこう語った。

私はデニス・シュルーダーが大好きだ。

まずそう言わなければならない。

彼の闘争心、彼のファイト、彼の気概。

それが勝利に導くんだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA