【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「ペイサーズと話はした」

ロサンゼルス・クリッパーズのオールスターフォワード、ポール・ジョージは先日、インディアナ・ペイサーズ退団のきっかけについて、「アンソニー・デイビスを獲得できるチャンスがあったにもかかわらず、フロントオフィスが拒否したから」と明かした。

当然ながら、デイビスにもこの話が及んだ模様。

デイビスによると、実際にジョージおよびペイサーズと話をする機会があったという。

ジョージの発言について質問されたデイビスは、次のように返答。fadeawayworld.netが伝えている。

ポールとインディアナの件については、確かに話をしたよ。

だが、なくなってしまった。

彼らに何があったのか、僕には分からない。

彼は「経営陣が動きたがらない」と言っていた。

ただ、会話はあったよ。

もしペイサーズがデイビス獲得に積極的に動いていれば、ペイサーズはジョージとデイビスを中心としたNBAタイトルコンテンダーになっていただろう。

とはいえ、レブロン・ジェイムスと共にロサンゼルス・レイカーズで連覇を目指すデイビスにとっては、かえって良かったのかもしれない。

なお、ペイサーズがデイビス獲得を拒否した後、ジョージの名はトレードマーケットに出るようになった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA