【スポンサーリンク】

アナウンサーから批判されたデンゼル・バレンタイン「あれはバッドショットだった」

アナウンサーから批判されたデンゼル・バレンタイン「あれはバッドショットだった」

シカゴ・ブルズは現地24日にマイアミ・ヒートに敗れ、プレイイントーナメント出場圏内から一歩遠ざかってしまった。

この敗戦で批判を集めているのが、NBAキャリア4年目のデンゼル・バレンタインだ。

ブルズが5点差を追っていた第4Q残り53秒、バレンタインは3Pラインの後ろから3Pシュートを放ったものの、まさかのエアボールとなり、ブルズをより厳しい状況に追い込んでしまった。

このバッドショットを受け、アナウンサーは「ショットを打つタイミングではない」などと批判した。

バレンタイン自身もバッドショットだったことを認めた模様。バレンタインのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

それまで3本連続で決めていたんだれどね。

あれはバッドショットだった。

ゲームに夢中になってしまっていたんだ。

あのようなシーンの場合、通常であればエース、もしくはその日波に乗っている選手にボールが託される。

NBAオールスターのザック・ラビーンが不在だったため、この日9得点のバレンタインではなく、31得点のコービー・ホワイト、もしくは26得点のニコラ・ブーチェビッチにボールを集めたかったところだろう。

重要な場面でステフィン・カリーやデイミアン・リラードのレンジからシュートを狙い、エアボールしてしまったバレンタイン。

ラビーンが離脱している間に誰にボールを託すべきなのか、ブルズはチームとして意思統一したほうが良いのかもしれない。

なお、バレンタインの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数53223
平均出場時間17.620.1
平均得点6.97.6
平均リバウンド3.43.6
平均アシスト1.72.0
平均スティール0.5
(キャリアワーストタイ)
0.7
平均ターンオーバー0.70.9
FG成功率38.0%39.6%
3P成功率32.7%
(キャリアワースト)
35.7%
フリースロー成功率92.9%
(キャリアハイ)
78.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA