【スポンサーリンク】

マーク・ガソルがレイカーズのローテーションについて「僕に聞かないでくれ」

マーク・ガソルがレイカーズのローテーションについて「僕に聞かないでくれ」

ロサンゼルス・レイカーズのマーク・ガソルは、現地24日のダラス・マーベリックス戦にアンドレ・ドラモンドのバックアップとして出場した。

普段はモントレズ・ハレルがドラモンドのバックアップとしてプレイしているものの、この日はハレルが欠場したため、ガソルに出場機会が回ってきた形だ。

ガソルはこのような状況に不満を感じているのかもしれない。

ガソルはマブス戦を終えた後、レイカーズについて以下のように語ったという。fadeawayworld.netが伝えている。

誰にとっても理想的な状況ではない。

数試合プレイしなかったり、このような状況を好ましく思う人間はいない。

だが、コーチが求めていることに対してベストを尽くさなければならない。

準備し続け、出場する予定ではない日も仕事をしなければならない。

だが、理想的ではない。

選手としては、いつどのようにプレイするのか知りたいものだ。

しかし、このチームは層がすごく厚いし、コーチが1つのスポットで3人もしくは2人をプレイさせたいなら、それに同意しなければならないだろう。

君たちは質問する相手を間違えている。

なぜなら、コーチが決めることだからね。

彼(ボーゲルHC)は試合直前にどうするか発表するから、誰にも分からない。

選手としては常に準備しておかなければならないし、いつもと同じようにプレイしなければならない。

ただ、そううまくいかない時もある。

だから僕に質問しないでくれ。

僕はただここで働いているだけだ。

ガソルにはレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビスと共にレイカーズを牽引する働きが期待されていた。

だが、ボーゲルHCのシステムにうまくフィットすることができず、ドラモンド入団後は3番目のビッグマンに格下げされた。

ガソルにとってはモチベーションを保つのが難しい状況かもしれないが、コートに立った際はガソルらしいプレイメイクでチームメイトたちをサポートしてもらいたいところだ。

なお、ガソルの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数45884
平均出場時間19.532.4
平均得点5.3
(キャリアワースト)
14.1
平均リバウンド4.1
(キャリアワースト)
7.4
平均アシスト2.13.4
平均スティール0.5
(キャリアワースト)
0.9
平均ブロックショット1.21.4
平均ターンオーバー1.22.0
FG成功率44.4%48.1%
3P成功率38.7%35.8%
フリースロー成功率73.9%77.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA