【スポンサーリンク】

元NBA選手のアントワン・ウォーカーがジェイムス・ハーデンに降参?

元NBA選手のアントワン・ウォーカーがジェイムス・ハーデンに降参?

元NBA選手のアントワン・ウォーカーは先日、シーズン中のトレードでブルックリン・ネッツに移籍したジェイムス・ハーデンについて、「彼のスタイルではNBAタイトルを獲得できない」と指摘した。

これに対し、ハーデンは「信頼性のない人間の言うことは気にならない」と反撃。

ハーデンの発言を受け、ウォーカーがハーデンについて再び言及した模様。

talkbasket.netによると、ウォーカーはハーデンの「信頼性のない人間の言うことは気にならない」発言を受け、以下のように反応したという。

まずは僕の実績から挙げていこう。

NBAで12シーズンだ。

僕はドラフト6位で指名された。

僕のスタッツは平均17.5得点、7リバウンド。

ヒートでチャンピオンになり、ケンタッキー大学でチャンピオンになった。

オールスター3度選出、マクドナルド・オールアメリカン選出、アディダスからシグネチャーシューズを出した初めての男だ。

さらにEAスポーツのテレビゲームの表紙を飾ったこともある。

挙げればキリがない。

ジェイムス・ハーデンがこのリーグにやって来たのは、僕の最後の年である2009年だ。

だから彼は忘れてしまったのかもしれないね。

だが、ジェイムス・ハーデンについて意見を言う資格は僕にはない。

一方、元NBA選手のケンドリック・パーキンスは先日、ウォーカーの指摘に反応したハーデンに対し、「繊細すぎる」とした。

ウォーカーは素晴らしいNBAキャリアを送ったものの、ハーデンにはウォーカーが成し得なかったMVPという素晴らしい実績がある。

ハーデンがNBAチャンピオンになった時、ウォーカーがどう反応するのか楽しみにしたい。

なお、ハーデンとウォーカーのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

J・ハーデンA・ウォーカー
所属チームオクラホマシティ・サンダー
ヒューストン・ロケッツ
ブルックリン・ネッツ
ボストン・セルティックス
ダラス・マーベリックス
アトランタ・ホークス
マイアミ・ヒート
ミネソタ・ティンバーウルブズ
出場試合数865893
平均出場時間34.535.3
平均得点25.217.5
平均リバウンド5.47.7
平均アシスト6.53.5
平均スティール1.61.2
平均ターンオーバー3.72.8
FG成功率44.5%41.4%
3P成功率36.5%32.5%
フリースロー成功率85.8%63.3%
主な経歴2009NBAドラフト3位指名
シックスマン・オブ・ザ・イヤー(2011-12)
MVP(2017-18)
NBAオールスターゲーム9度出場
オールNBA1stチーム6度
1996NBAドラフト6位指名
NBAチャンピオン(2006)
NBAオールスターゲーム3度出場

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA