【スポンサーリンク】

アレックス・カルーソ「僕たちは今も世界最高のチーム」

アレックス・カルーソ「僕たちは今も世界最高のチーム」

NBAキャリア4年目のアレックス・カルーソはレブロン・ジェイムスとデニス・シュルーダーの不在に伴い、先発ポイントガードとして起用されている。

現地7日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦では18得点、6リバウンド、2アシスト、同8日に行われたフェニックス・サンズ戦では17得点、3リバウンド、8アシスト、3スティールを記録したカルーソ。

今季のロサンゼルス・レイカーズは主力陣の負傷離脱に苦しめられ、昨季NBAプレイオフのような強さを見せることができていない。

だが、カルーソによると、全員が健康な状態でプレイできるようになれば、レイカーズは今も世界最高のチームだという。

カルーソはレイカーズについて次のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

僕たちは良いチームだ。

僕たちが健康を完全に取り戻せば、今も世界最高のチームだと思う。

今季はそれを見せることができていない。

それは分かっている。

だが、シーズンは長い。

苦労が続いていた。

プレイオフまでに必要な状態に戻れるように戦い続ける。

なぜなら、プレイオフが本当に重要だからね。

ここ2試合でAD(アンソニー・デイビス)がどれほど集中しているか、チームがどれほど集中しているか分かってもらえたと思う。

僕たちは集中している。

長い道のりに向けて準備を進めているところさ。

レイカーズが次に対戦するのは、NBAタイトルコンテンダーのロサンゼルス・クリッパーズを下して勢いに乗るニューヨーク・ニックスだ。

カルーソにはニックス戦でもレイカーズを牽引し、勝利に導く働きを期待したい。

なお、カルーソの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数56182
平均出場時間21.219.0
平均得点6.45.9
平均リバウンド2.9
(キャリアハイ)
2.3
平均アシスト2.72.4
平均スティール1.1
(キャリアハイタイ)
1.0
平均ターンオーバー1.31.2
FG成功率43.6%42.9%
3P成功率40.6%37.9%
フリースロー成功率64.5%
(キャリアワースト)
72.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA