【スポンサーリンク】

セドリック・マックスウェル「ジェイソン・テイタムを批判するのは早すぎる」

セドリック・マックスウェル「ジェイソン・テイタムを批判するのは早すぎる」

ボストン・セルティックスのNBAオールスター、ジェイソン・テイタムは今季、キャリアベストのパフォーマンスを見せている。

だが、今季のセルティックスは安定しておらず、エースのテイタムを「チームを勝利に導くことができない」などと批判するNBAファンは少なくない。

そんな中、セルティックスのレジェンドであるセドリック・マックスウェルがテイタムについて言及した。

マックスウェルによると、NBAレジェンドのマイケル・ジョーダンでさえ、すぐに結果を出すことはできなかったという。マックスウェルのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

マイケル・ジョーダンは間違いなく最も偉大なプレイヤーのひとりだ。

だが、彼が勝利に導けるようになるまでどれくらいかかった?

彼はNBA入りしてすぐに優勝することはできなかった。

人々は彼のことを「優勝できない男」、「彼は個人としては素晴らしいが、周りの男たちを良くすることはできない」と言っていたよね。

それが突然、「最も偉大な選手」に変わったんだ。

「ジェイソン・テイタムはリーダーではない」

「テイタムと(ジェイレン・)ブラウンはリーダーではない」

そう言う者もいるが、落ち着いて考えてみてくれ。

彼は何歳だい?

彼はプロのレベルでゲームを学んでいるところであり、彼が理解するまで待とう。

彼らがやっていること、やっていないことについて、皆は騒ぎすぎているんだ。

ジョーダンがシカゴ・ブルズを初めてNBAチャンピオンに導いたのはキャリア7年目、27際の時だ。

テイタムはまだ23歳であり、NBAゲームはもちろんリーダーについても学んでいる最中だろう。

テイタムには周囲の批判に屈することなく、いずれはセルティックスをNBAチャンピオンに導いてもらいたい。

なお、テイタムとジョーダンのNBAキャリア4年目までのスタッツは以下の通りとなっている。

J・テイタムM・ジョーダン
出場試合数274264
平均出場時間32.538.6
平均得点18.932.7
平均リバウンド6.25.6
平均アシスト2.65.3
平均スティール1.22.8
平均ブロックショット0.71.3
平均ターンオーバー1.93.3
FG成功率45.7%50.6%
3P成功率39.7%16.4%
フリースロー成功率83.9%84.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA