【スポンサーリンク】

マイケル・レッド「キャブスと契約していたらNBAチャンピオンになれた」

NBA屈指のスコアラーとしてミルウォーキー・バックスを牽引した元NBAプレイヤー、マイケル・レッドには、一時クリーブランド・キャバリアーズ移籍の噂が出ていた。

FAだった2005年夏にはキャブスとの契約間近まで迫ったものの、レッドはバックス残留を決断。

その後、レブロン・ジェイムス擁するキャブスは2006-07シーズンにNBAファイナルに進出したものの、サンアントニオ・スパーズにスウィープで敗れ、フランチャイズ初となるNBAタイトル獲得はならなかった。

だがレッドによると、彼がキャブスと契約してジェイムスとチームメイトになっていれば、NBAファイナルでスパーズを倒せていたという。レッドのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

そのことについては、レブロンと何年も話をしている。

僕たちはチャンピオンになっていただろうとね。

当時の彼は今のようなプレイヤーではなかった。

彼は2011年、2012年、2013年にDウェイドから学ぶと、2005年から207年とは異なるプレイヤーになった。

ただ、それでも彼と当時のキャスト、そして僕がいればチャンピオンになれただろうね。

僕がいることで彼へのディフェンスのプレッシャーは軽くなっていただろう。

ジェイムスはキャブスをNBAチャンピオンに導けなかった後、マイアミ・ヒートに移籍し、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュと共にNBAタイトルを2度獲得。

経験を積んだジェイムスはキャブスに復帰し、チームをフランチャイズ初となるNBAチャンピオンに導いた。

もしレッドがキャブスと契約していたら、ジェイムスのNBAキャリアは違うものになっていたのだろうか?

なお、レッドのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリアスタッツ
所属チームミルウォーキー・バックス
フェニックス・サンズ
出場試合数629
平均出場時間32.0
平均得点19.0
平均リバウンド3.8
平均アシスト2.1
平均スティール0.9
平均ターンオーバー1.5
FG成功率44.7%
3P成功率38.0%
フリースロー成功率83.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA