【スポンサーリンク】

3連敗中のホークスで内紛勃発?

NBAプレイオフ復帰を目指すアトランタ・ホークスは、開幕3連勝と最高のスタートを切った。

だが現在3連敗中と、突如として調子を落としている。

その原因は、選手同士の関係悪化にあるのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ニューヨーク・ニックスに敗れた後のフィルムセッション時に、NBAキャリア4年目を迎えているジョン・コリンズがオールスターポイントガードのトレイ・ヤングを中心としたオフェンスに問題があると指摘すると、これにヤングが反論するなどし、両者の関係が悪化したという。

ホークスはNBAキャリア3年目にしてMVP候補のひとりとなったヤング中心のチームだ。

だが、                                                          タフなディフェンスを仕掛けられるせいか、ヤングはターンオーバーが多いことでも知られており、コリンズはそれに不満を持っているのかもしれない。

先日は後半で15点のリードを奪っていたにもかかわらず、ニックスに逆転を許してしまったホークス。

現地9日に予定しているシャーロット・ホーネッツ戦までに問題を解決し、チーム一丸となって勝利をつかみにいきたいところだ。

なお、コリンズはフィルムセッション時の主張について、「トレイは何があってもブラザーだ」としたものの、複数のチームメイトがコリンズの主張に同意したと報じられている。

今季のコリンズとヤングのスタッツは以下の通りだ。

J・コリンズT・ヤング
出場試合数88
平均出場時間28.433.4
平均得点17.925.9
平均リバウンド7.54.3
平均アシスト1.88.4
平均スティール0.60.5
平均ブロックショット0.90.1
平均ターンオーバー1.34.8
FG成功率54.5%43.0%
3P成功率32.0%31.1%
フリースロー成功率86.2%87.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA