【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック「背番号を4番に戻したい」

オールスターガードのラッセル・ウェストブルックは、先日のトレードでワシントン・ウィザーズに移籍した。

NBA屈指の切り込み隊長であるウェストブルックには、ブラッドリー・ビールと共にウィザーズを牽引する働きが期待されている。

ヒューストン・ロケッツで厳しい時間を過ごしたウェストブルックは、オクラホマシティ・サンダー時代の恩師であるスコット・ブルックスHC率いるウィザーズをNBAキャリア再出発の場所として見ているのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ウェストブルックはNBAキャリアを通して使用している背番号0番から、高校時代に使用していた4番に変更することを望んでいるという。

0番を使うこともできるが、4番に戻したい。

僕のオリジナルナンバーなんだ。

OKCとヒューストンでは使われていたからね。

4番は僕を象徴する背番号さ。

ウィザーズで背番号0番のジャージーを着てプレイしたのは、ギルバート・アリーナスが最後。

アリーナスのジャージーは永久欠番となっていないものの、アリーナスはエージェントゼロの愛称で親しまれたこともあり、誰も0番を使っていない。

アリーナスはトレードでウィザーズに加わったウェストブルックに対し、「0番を使ってもいいよ」と伝えたというが、ウェストブルックにとって来季は原点回帰がテーマとなるのだろう。

ウェストブルックには新たな相棒ビールと共に、ウィザーズをプレイオフチームに復活するパフォーマンスを見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA