【スポンサーリンク】

ルー・ウィリアムス「ホークスをNBAタイトルコンテンダーとして見ていなかった」

ルー・ウィリアムス「ホークスをNBAタイトルコンテンダーとして見ていなかった」

アトランタ・ホークスのベテランガード、ルー・ウィリアムスは、ロサンゼルス・クリッパーズに所属していた当時、「トレードされるならNBAを引退する」と語っていた。

だが、シーズン中のトレードでホークスに移籍。

今季のホークスはNBAタイトル獲得に向けて快進撃を続けているが、ウィリアムスによると、トレード前はホークスをNBAタイトルコンテンダーとして見ておらず、トレードが決まった時はショックを受けたという。

ウィリアムスはトレード当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

正直に話すが、(ホークスは)真のNBAタイトルコンテンダーではないと思っていた。

プレイしたいと思えるようなチームではなかった。

ウェスタン・カンファレンスでクリッパーズの一員としてプレイしていた時は、チャンピオンを狙っていたからね。

僕はチャンピオンになることに集中していたんだ。

ウィリアムスによると、NBAタイトルコンテンダーのクリッパーズからNBAプレイオフ進出を目指すホークスにトレードされた当時は、モチベーションを維持するのが大変だったという。

多くのNBAファンと同じように、ウィリアムスもホークスがこれほど躍進するとは思ってもいなかっただろう。

結果的に見ると、ウィリアムスにとってホークスへのトレードは最高の出来事だったのかもしれない。

なお、ウィリアムスのNBAプレイオフ・カンファレンスファイナル第1戦から第4戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦
出場時間12:1112:4517:5535:00
得点35521
リバウンド0125
アシスト0238
スティール0001
ブロックショット0010
ターンオーバー0011
FG成功率20.0%
(1/5)
33.3%
(2/6)
33.3%
(1/3)
77.8%
(7/6)
3P成功率100%
(1/1)
33.3%
(1/3)
100%
(1/1)
66.7%
(2/3)
フリースロー成功率100%
(2/2)
83.3%
(5/6)
+/--12-12-12+15

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA